2018年09月02日 XUNHON ワイヤレス イヤホン TWS-X9をメルカリで買ってみた

2019年9月16日

メルカリのポイントが余ったので今流行りのイヤピース型のXUNHONワイヤレスイヤホンTWS-A9(新品)を購入してみた。
[進化版Bluetooth5.0 音量調整]完全 ワイヤレス イヤホン Bluetooth イヤホン XUNHON ブルートゥース イヤホン タッチ式 HIFI高音質 マイク付き 両耳ハンズフリー通話 Siri対応 – BLAU HANDELブラウハンデル
届いたものはこちら。結構ちゃんとしています。

箱の裏面。製品スペックが英語、日本語、中国語(繁体字)で記載されています。繁体字ということは中国大陸でなく香港あるいは台湾か?
日本語の表記は一部中国語のままだったりします。Bluetoothは5.0、周波数は20hz〜20KHzなので母音から子音まで音声は十分カバーできる周波数帯域です。転送距離は10m、電池容量はイヤホン50mAh,充電ボックスは500mAhです。ここら辺のスペックが良いのかは他のものと比較してみないとなんとも言えませんが。

サイドの商品バーコード。進化版、新品との表記があります。ワザワザ新品と表記するのは違和感があるが😁

箱を開けてみます。日本語の説明書が一番上にあります。説明書は中国語表記はなく、日本語と英語表記です。珍しいパターンです。

説明書の下に本体がありました。思っていたより大きな印象。

サイズはクレジットカードと比較するとこんな感じです。

付属品は充電用のマイクロUSBケーブル

交換用のイヤーピース3サイズです。

充電ボックスの上部にはマイクロUSBポートがあり、ここに5V電源を供給すると本体の充電も行われます。充電レベルは4段階でLEDが光ります。

充電ボックスはこのように上部をスライドして開けます。磁石で保持しているので引っ張らない限りケースが開くことはなさそうです。

本体を取り出します。RとLの2つの刻印が確認できます。

説明書にはペアリング、音量調整、曲のスキップ、再生、停止等の方法が記載してあります。

本体を充電ボックスから取り出せばペアリングモードに自動的に移行します。本体が点滅します。ちなみに充電ボックスに戻すとじどうで電源がきれ充電モードに移行するようです。

ペアリングする側にはこのようにx9というデバイスがBluetoothデバイス一覧に表示されます。

表示されたx9をタップすることで無事ペアリングできました。

ペアリングに成功すると本体は点滅から点灯に変わります。

本体のLED部分にはタッチスイッチが内蔵されているので、各種操作はこのタッチスイッチを何回タッチするかで操作します。覚えられそうにないです😁。おまけに耳に本体を差し込んだ状態ではこのタッチスイッチをタッチするのは難しいので操作はスマホ側
行うのがベターな模様。

早速podcastを聞いてみますが良い感じです。また、別の部屋に移動しても近くなら途切れる事もありません。10Mは余裕で届いてそうです。電池持ち等は明日から試した後リポートします。

Yahooショッピングサイトで約1000円のワイヤレスイヤホンを発見、早速ポチってしまったが、サイズは若干大きいものの問題なく使えています。恐るべしmade in Chinaですねー