リニューアルされて快適になったGolden Tulip Shanghai Rainbowホテル

今回はリニューアルされて綺麗になったGolden Tulip Shanghai Rainbow ホテルです。ちなみに昔の名前は上海虹橋賓館です。

今回宿泊したのは21階の部屋です。エレベータはルームキーをかざすと自動的に宿泊先のフロアがONになります。酔っぱらって帰った時には便利ですね。

部屋は適度な広さ、ダブルベットです。

机はちょっと仕事には向かなそうに見えますが、実際に使ってみると悪くはないです。コンセントも形状は異なりますが4つあり、USB充電ポートも2つあります。スタンドは暗めでちょっと役に立たない感じ。

ベット脇のソファーは大きめ、ベット両脇にはコンセント2つとUSB充電ポートがありとても便利です。

TV、ミニバーには無料の水が2本と多分ウーロン茶二本も無料だと思います。クローゼットはガウン2枚、スリッパなど。ハンガーの数も十分です。冷蔵庫には色々入っています。

洗面所、バスタブ付きのシャワーです。但し、バスタブはちょっと幅が窮屈でした。

最近施行された上海市の条例にて使い捨てのアメニティ(歯ブラシ、くし等)はホテルには置かなくなりましたので注意が必要です。シャンプー、コンディショナー、ボディソープ等は置いてあります。

トイレは日本人にはうれしいウオッシュレット付きです。

朝食会場は1階ですが、かなりの広さがあり種類も豊富です。場所柄、日本人のビジネスマンをターゲットにしているのか日本食も置いてあります。

これで一泊650元、日本円で10000円弱、コストパフォーマンスは良いですのでビジネスマンにはお勧めです。