エールフランス便でパリ経由オスロへ二泊五日ーオスロ探索ー

オスロ探索といっても空港そばのホテルにチェックインしたのが17時近かったので、それから出かけても観光名所はどこも閉まっています。折角来たのでまずはオスロの街まで出かけてみました。

ホテルから電車に乗るには空港側からきた入口でなくエレベータフロアの前の出口から出ます。すぐにホームに続く橋があり、そこからプラットフォームに降りられますが、どのプラットフォームかわからないので、昨日同様空港側から駅に向かいます。

プラットフォームに降りる橋を空港側に歩いていくと空港の地下に入る入口に出ます。そこからエスカレータで到着ロビーに出ます。昨日のコーヒーショップJOE &JUICEの横に出ました。

昨日は速攻で空港鉄道に乗りましたが、在来線のR10、R11、L12でもオスロ中央駅には行けるようです。とはいえ、準備不足なのともう6時を回っているので空港鉄道で手っ取り早くいきます。

昨日の教訓を活かし、券売機にてクレジットカードで切符を購入、196NOK、2500円ほどです。

大抵のお店はクレカで支払いできそうですが、念のため500NOK分現金をデビットカードにて引き出しました。この日のレートでは6550円でした。13倍すれば日本円に換算できるイメージです。

中央ヨーロッパ風の景色が続きますが、ほどなく2駅目がオスロ中央駅です。

乗ってきた空港鉄道、高速で走るためか先頭に虫のようなものが貼りついて汚れているところは新幹線の先頭車両を彷彿させます。進行方向に歩いていくと不思議なトンネル風の通路があります。

通路を抜けるとオスロ中央駅の中に出ます。セブンイレブン頑張ってますね。

駅に直結してショッピングモールがあります。今回は買い物が目的ではないのでさっと見ます。

折角ですので外をぶらぶらしてみます。路面電車、シェアリング自転車もあります。時間があれば自転車で回るのもよさそうですね。駅周辺でもアラブ系の人が住むエリアなのかちょっとよそ者を受け入れない雰囲気のところを歩いたので写真すら取れず。やっぱり下調べが重要ですね。

仕方ないのでホテルに戻ることにします。こちらの券売機は在来線専用で空港鉄道のチケットは購入できません。

空港からの空港鉄道が到着した反対側に空港鉄道専用のチケット券売機、入口があります。

プラットフォームには様々な電車が止まっています。この季節は列車の旅もよさそうですね。

のどが渇いたので売店でマンゴー、パパイヤ果汁が入った水を購入。300円ほどします。やはり福祉国家だから税金が高いのか。。

行きと同じ経路で戻ります。

今日の夕食は空港のバーガーキングでとります。セルフ注文端末があるので便利です。

Truffle king burger, cola, potato,king fusion oreoで171NOK 2160円です。このうち税金は15%です。日本もそのうちこんな風になるのでしょうか。。。

まとめ

オスロ中央駅周辺を回ってみましたが、時間もなく遅い時間になってしまったので何もレポートできるようなものは見つかりませんでした。次回?は下調べして回ります。