フィンランド・ヘルシンキからパリ経由で帰国

ホテル出発

昨夜からの雨が雪に変わり道路も一面真っ白になりました。タクシーは5分もかからず到着、空港に近いので便利です。・タクシー料金は13ユーロ強で、近い割には高い気もしますが早朝&雪なので仕方ないでしょう。

チェックイン&セキュリティチェック

 ヘルシンキからパリまでのフィンエア便のチェックインはネットで済ませましたが預け入れ荷物もあるのでフィンエアのチェックインカウンターを利用。フィンエア便はエールフランス便として予約しているのですが、ワンワールドのサファイヤのステータスが使えるらしく、優先チェックインや優先セキュリティゾーンが使えました。但し、AF便ですのでフィンエアのラウンジは使えませんでした。この場合はスカイチームのラウンジに行けばよいかもしれませんが、珍しくお土産等を購入するため時間が必要でしたのでラウンジには行かずにショッピングしました。

搭乗

 雪が降っていたので心配していましたが、10分遅れで搭乗開始、パリでの乗り継ぎに3時間半ありますが少しヒヤッとしました。

ヘルシンキからパリへ

 ヘルシンキからパリは3時間弱で到着。フィンエアには日本人CAが二人も登場していました。但し、日本人乗客は2名ほど(笑)。横3席を独占できたのでゆったりくつろげました。但し、機材サービスは飲み物だけ。。。違和感ありますね。

シャルルドゴール空港ターミナル移動

 結局定刻通りパリシャルルドゴール空港到着、1時間時差があるので時間を1時間戻します。到着したのはターミナル2Dでしたので、パリから東京までのエールフランス便の搭乗口及びボーディングゲートを確認、2E-M41です。まずは2Eに向かう前にパスポートコントロールがあり、ここで出国します。

次に、行きと同様バスにて2EのMゲートに移動(2Eはゲートによって降り口が異なるのでターミナルだけでなく、ゲート番号も確認しておく必要があります。

エールフランスラウンジ

 搭乗までには2時間ほどあるのでまずは腹ごしらえです。ラウンジ案内はたくさんあるのでさすがに迷わないとは思いますが。

 流石にエールフランスの拠点だけあってラウンジも超巨大です。この時間はまだ便が少ないのかラウンジは半分くらいしか埋まっていません。

飲み物が豊富

結構食べてしっまいました。やはりパンがとても美味しいです。

搭乗

 今回は非常口座席,脚が伸ばせます。でも、成田便なので機内エンタメは古そうです。

機内食

結局あまり眠れずに朝の8時半に成田空港到着。